日立洗濯機ビッグドラムが臭い理由と対策

スポンサーリンク




日立の洗濯機ビッグドラムってやっぱり臭いかも

洗濯機を日立のビッグドラムに変えてから、毎回のように乾燥運転を使っていました。

乾燥機能の風アイロンは、乾燥後に洗濯物が臭くなるとの口コミがあることは知っていましたが、私が使っている限りでは、気になる程の臭いでは無かったんです。

それが、梅雨の時期になったら、なんとなく乾燥後に臭いと感じるように。

臭くなったタオルをもう一度洗い直してみても、乾燥後に、やはり臭いが取れていないんです。

まだ買ったばかりの洗濯機なのに、乾燥すると臭くなるなんて予想外のできごとでした。

日立のビッグドラムが臭い原因を考えてみる

日立の洗濯機「ビッグドラム」の乾燥機能で洗濯物が臭くなってしまう原因を考えてみました。

いろいろ考えてみた結果、思い当たることがいくつか。

◆長く使っているタオルやTシャツが臭くなる確率が高い

◆洗濯に液体の「洗濯石鹸(環境に優しい天然の洗剤)」を使っている

◆ビッグドラムで乾燥終了後に、ドアを開けずにしばらく放置している

もちろん、ゴミ受けなどの掃除はきちんとしているので、メンテナンスをしながら普通に使っているつもりです。

それでも臭いが残ってしまうのは残念でなりません。

臭いがするのは、ビッグドラムの乾燥機能を使った洗濯物だけで、乾燥を使わずに干した洗濯物は全く臭いません。(洗剤の匂いだけです。)

ビッグドラムの臭いを無くすために変えたこと

結局、洗濯機(ビッグドラム)に合わせることにしました。

◆長く使っているタオルやTシャツを買い替える

◆洗剤を「液体アタックNeo抗菌EX wパワー」に変える

◆乾燥が終わったらすぐに洗濯物を取り出す

買い替える前のシャープの洗濯機では普通に乾燥しても臭いと感じることが無かったので、洗濯機の為に生活を若干変更しなくてはいけないのは腑に落ちないのですが、臭いので仕方がありません。

やはり長く使っているタオルは、見た目は古く見えなくても落ち切れていない汚れが溜まってしまうんですね。

たぶんそういう汚れの成分が臭いの元になってしまっているようです。

それと洗濯物って、使ってから洗濯するまでの間にしばらく放置されてしまいますよね?

特に梅雨の時期には、その「放置」されている間にも臭いの元が発生してしまうパターンも多いので、使ったものは、なるべく早く洗濯することも重要です。

それと洗剤のことなのですが、我が家は成分的に肌に優しいと思われる洗濯用の液体石鹸を使っていました。

これが臭いの原因になることは考えにくいのですが、仕方なく抗菌タイプの洗剤に変更しました。

そして、乾燥が終わった後はすぐに取り出す。

以上のことを徹底するようにしたら、臭いが気にならなくなりました。

(2016年7月14日追記・・一時的に臭いと感じることは無くなったように思いましたが、やはりまだ臭いです。)

まとめ

日立洗濯機、ビッグドラムの乾燥機能である「風アイロン」は、使っていると臭いが気になる人もいるようです。

私も買った当初は気にならなかったのですが、梅雨の時期になってから臭いが気になるようになりました。

そこで、臭いが気になるタオルは捨てました。

そして洗剤を変えてみました。

中でも、一番やったほうがいいのが風アイロンを使った後に洗濯物をすぐに取り出すことだと思います。

前に使っていたシャープの洗濯機がすごく気に入っていたので、買い替える時もシャープにしようかと思ったのですが、今シャープは会社がいろいろあって大変そうだったので、メンテナンスのことも考えて今回はシャープの製品は候補から外していたんです。

考えてみたら、今まで使っていたシャープの洗濯機は8年間1度もメンテナンスのお世話にならなかったので、今回もシャープの製品にしておけば良かったかなと少し後悔しています。

しかし、風アイロンも、い方を見直せば臭いと感じることもなくなると思います。

私が改善したことも、誰にでもすぐにできることなので風アイロンで臭いが気になる人は是非試してみてください。

(2016年7月14日追記・・一時的に臭いと感じることは無くなったように思いましたが、やはりまだ臭いです。)

これで臭く無くなった!!

(2017年10月7日追記・・2017年の梅雨の時期にまた洗濯機が臭くなってしまって日立コールセンターに問い合わせたところ日立純正SK-1洗濯槽クリーナーの存在を知りました。すぐに手に入れて使ったところ臭いが完璧に無くなりました!!!カビキラーなどの洗濯槽クリーナーを使ってもにおいが取れない場合には試してみてください。)

スポンサーリンク

人気の関連記事